社員教育の心得について

社員教育を行う前に知っておくこと

社員の能力を高めるためには、社員教育を行うことが有効です。けれどもその前に心得ておくべきことがあります。まず人を指導し教育を行う目的は、モノの見方や考え方を変えるということです。けれども人は、そう簡単には習慣を変えることができないものです。社員教育にはある程度の時間がかかることを知っておく必要があります。そして、仕事に対しての姿勢に変化が見られれば良しとすることです。そして社員教育を行っているうちに、気づくことがあります。その成果がきちんと出る社員と出ない社員とに分かれることです。そして着実に成長が見られる人は大抵、教わる時にメモをとっています。逆に成果が見られない人は話を聞くだけでメモを取らないものです。

効果的な教育のコツとは

効果的に社員教育を行うためには、まずメモをきちんと取ることを教え込むことが必要であることがわかります。それが習慣となるように、繰り返し教えることが大切です。それが出来ないうちは、どれだけ一生懸命教えても効果は期待できないと知ることが大事です。そして社員教育の内容としては、一般的なビジネスマナーを基本とすることが必要です。報告と連絡、相談を必ず行うようにするだけで、かなり仕事を効率良く行えるようになります。そして次第に観察力を持たせるようにしたり、課題の解決ができるようなスキルを教えるようになります。そのようなスキルを教えるためには、まず基本をしっかりと習慣となるまで教え込むことを忘れないことが大切です。

新人研修を行うことによって、新人の育成に余裕を持てます。新人にとっても良い経験になり、ありがたい研修制度となります。