社員教育を行う必要性について

なぜ社員教育が必要なのか

人員不足で悩む会社で多いのは、社員教育にまで手が回らないということです。仕事を通して自分で成長することを望むわけですが、その姿勢がさらに事態を悪化させることにつながります。社員教育を行う大切な理由は、優秀な人材を留めておくことにあります。優秀な人材というものは、給料などよりも自身が成長できる環境を求めるものです。そしてその成長できる機会を社員教育という形で与えることが必要になるというわけです。また、会社で働く社員には、共有すべき価値観が必要になります。例えば社外からの問い合わせに対して、対応する社員によって態度が違えば良い印象は与えないものです。誰もが同じような品質のサービス提供や業務遂行が行えるように、社員教育で価値観を共有する必要があります。

企業風土を伝える大切さ

社員教育は社内で行うものと社外で行うものとに分かれます。例えばビジネスマナーのような一般的な知識は、外部のサービスを利用することで体系的に、効率良く教育することができます。けれども企業で受け継いでいく企業風土というものは、社内でしか伝えられないものです。社内での価値観を統一させるためには、企業理念を浸透させることで独自の風土を伝えていくことが必要です。それが徹底されなければ、現場での勝手な判断により不祥事を起こすような事態につながるわけです。これは社内の人間がきちんと教育によって浸透させる必要があります。さらにその企業の価値観がブランドとなって、新たな優秀な人材を呼び寄せることにもつながっていきます。