社員教育のメリットについて

社員教育を行うメリットとは

社員教育を行うことには、幾つかのメリットがあります。まずひとつは優秀な社員を確保することができることです。新入社員として入社した人材は、まだ社会での勉強の仕方も分からないものです。けれども社員教育を行うことによって、自ら成長する方法を教えることができます。そして優秀な社員がいれば、あとは自分で自身を向上させることができるようになります。そのように、埋もれている優秀な人材の持つ能力を引き出すきっかけとなるのがメリットのひとつです。そしてもうひとつは、職場内の環境作りができることです。社員はそれぞれに独自の価値観を元に行動しています。そこで、会社としての価値観となる理念を社員教育で伝えることで、会社としての価値観を共有することができます。その結果職場内に連帯感が生まれるようになります。

注意が必要なこととは

社員教育を行う際に注意したいのが、失敗した時などの叱り方です。叱ると怒るは全く別のものとなりますが、これを混同する人は案外多いものです。社員教育としては、怒ることは厳禁です。相手を萎縮させて自由な発想を奪うことになります。そうではなく、同じ失敗をしないように、諭すように注意することが必要です。そして気づきを得るように指導することが大事です。人は自分が変わろうと思わなければ、なかなか変わらないものです。そのために、本人に変わろうと思わせるような指導を行うことが必要です。そして教育としては、単純に仕事の進め方を教えるのではなく、自分で考えて工夫できるようなスキルを教えるように意識することが大切です。