イベントで終わってはならない社員教育の効果

意識改革をさせるためのテクニック

企業にもよりますが、社員の中には、社員教育をイベントとして考えている人達も多くいます。その様な社員に限って、一週間ほどで内容を忘れてしまう事もよくある話しです。そのため、何が足りなくて、社員教育を行うのかと、どの様に変わるのかを明確にしなければなりません。その事を、半月前ほどに伝えておく事もテクニックの一つです。時間を置く事によって、各々が独自に考え、学ぶ欲求を高める事が出来るためです。人の記憶とは、想起される度に重要な内容だと判断を行う特性を持ち合わせています。数日に分けて行う事が最も望ましい姿ですが、時間を作れない場合は、一週間後にレポートにまとめてもらう方法もお勧めです。レポートは、掲示板などで公開する事によって、社員全員の意識を高める事も可能です。この様な手法は、社員教育を受ける意識を高め、より効果を高める事も期待出来ます。

社員教育は、外部の人を派遣するのがお勧め

社員教育を行う場合は、社内にいる人を講師として扱う方法と、外部から派遣をしてもらう方法があります。社内の人材は、社内のみに視野が狭わってしまう可能性があります。外部における人材であれば、業界全体からの視野として広がる可能性を持ち合わせています。業界全体の視野として広がる事によって、競合の企業を意識させる事が出来るのです。たとえ、同じ内容の社員教育であろうとも、出来るだけ外部から派遣してもらう方が望ましいのです。教育時間において余裕があるのであれば、一人一問必ず質問させる事もポイントです。外部から派遣された人に質問を行う姿とは、社員各々の積極性を養う事が出来ます。緊張の中で質問を行った内容は、記憶に残り易く、教育の効果を高める事も可能です。