社員教育で抑えておくべきポイントとは

社員教育に必要なこと

社員の能力を底上げすることは、業績の向上につながります。そのために行う社員教育には、心得ておくべき必要なことがあります。それはできる限り具体的に実行できるような形で行うということです。例えばビジネスマナーなど抽象的なことは、一般論として講義してもなかなか効果が得られないものです。というのも、それを普段の業務にどのように生かせばよいのかを考える必要があるからです。そして多くの社員は、そのような面倒な手順を踏むことを面倒に思うものです。頭ではわかっていても実践できないようなことは、結果的には役に立たないわけです。そこで、必ず具体例などを提示しながら講義を進めることが必要となります。そのためにも、教える側にも教えるスキルを高める必要があります。

押さえておくべきポイント

社員教育を行う上で、抑えておくべきポイントがあります。まず、すぐには成果を求めないということです。教育というものは勉強と同じように時間がかかるものです。そして手取り足取り教えることも避けるべきです。やり方を直接的に教わる癖がついてしまうと、社員は考える癖をなくしてしまいます。大切なのは、いかに考えてもらうかです。考えたり検討することを繰り返すことで習慣とすることができるようにする必要があります。直接的に教える方が楽なものですが、楽な方法というものは効果が期待できないものであることを知っておくことが大事です。また社員教育で大切なことは、成果が得られないということは、教え方が間違っているということを理解することです。